Author Archive

死亡保険の豆知識

死亡保険とは、万が一の時に残された家族を経済的負担から助けることが役割の保険です。

 

掛け捨て型の定期保険と積み立て型の終身保険の2つのタイプがありますが、定期保険の方が保障期間が一定に定められた掛け捨てのため割安な保険料で大きな保障をつけることができます。

 

そのため、若い人が低い設定金額から加入できるので高い保険料を払わなくても大きな保障を得ることができます。

 

ですが満期の更新時には、その時の年齢で再計算された保険料になるので更新する度徐々に保険料が高くなっていくことが多いようです。

 

その保険料は、保険金の設定金額によって大きく変わってきます。 保険金を多く設定すると保険料も高くなるので、家計の負担になってしまいます。

 

保険金は残された家族が生活するのに必要な金額を考えて設定するようにしましょう。

 

また保険の内容を変更する時期としては、結婚や出産で責任が重くなる時や 住宅ローンを組んだり・子供が成長した時・子供が独立した時などがあり、その区切りで切り替えを考えてみると良いでしょう。

 

保険選びで大切なことは、沢山の保険や高額な保険に入っている事ではなく、「必要な保障分だけ」というのが基本なので迷った時はどれくらいの保険金が必要か?に戻って、自分に適した商品に加入しましょう。

短所について

定期保険は、貯蓄性の高い保険でありながら、所得税の控除対象にもなり得る点が大きな長所となっています。

 

また、銀行の定期預金よりも利率が高いことも多く、現在のような低金利の時代には特に加入を検討している人は少なくありません。

 

一方で、長期的な貯蓄になる上、ほとんどの商品において、途中解約をすると元本割れしてしまうという短所がありますので、将来的に必要になるかもしれないお金を使うことはできず、あくまで余裕資金で運用する必要があります。

 

また、この保険は期間満了までの年数が比較的長めに設定されており、一年や二年で満了になるものではありません。

 

そのため、仮にインフレなどで貨幣価値に変化があった場合には、満期になって保険金を全額受け取ってもあまりメリットがないという可能性もあります。

 

また、銀行の預金保証とは違い、万が一加入している保険会社が倒産などした場合には、そこまでの掛け金を全額回収できない可能性もあります。

 

このように、メリットもデメリットもある商品ですので、これから貯蓄性の高い保険に加入する予定の人は、将来起こりうるトラブルや景気の情勢なども考慮して、自分が加入できる範囲で利用するようにしましょう。

長所について

生命保険には、定期保険という保険があります。

 
定期保険は、その名前の通り、ある一定の期間だけ万一のことがあったときの保障を持つことができる保険です。
この定期保険の長所は、割安な保険料で大きな保障を持つことができる、という点です

 
同じように万一のときのための保険として終身保険という保険もあります。
終身保険は、一生涯保険料が変わず、解約金がたまっていくタイプの保険なので、保険料は定期保険に比べると高くなります。
そのため、子供が大きくなるまでの間だけ大きな保障が必要だ、という人は、定期保険で保障を準備すると良いようです。
定期保険に加入をするときに注意しなければいけない点は、定期保険は掛け捨ての保険なので、解約するときはほとんど払戻金がありません。
そのため、保険料が割安となっているのです。

 
もし、保険に貯蓄性を求めるのであれば、定期保険ではなく、他の保険を検討したほうが良いかもしれません。
また、定期保険は、一定期間のみの保険なので、それ以上も続けたい、という場合は、更新手続が必要になります
更新時は、そのときの年齢で保険料が再計算されるので、保険料が高くなる場合がほとんどです。
また、健康状態も確認されるので、何か病気を患っている人は更新ができません。
メリットとデメリットをよく比較して加入を検討しましょう。

加入目的を明確に

医療保険などの保険を選ぶ場合、最も大切になることといえば、何を保障してもらいたいのかを明確にしておくことです。保険会社の担当者から勧められるままに決めてしまうと、あまり自分にとって有利ではないものを選択してしまう可能性があります。特に、生命保険の場合は、自分が死亡した後に残された遺族の生活を保障してもらうため、という理由が大きいものですが、生命保険以外にも遺族をサポートする制度が多々あるので、十分に比較しておく必要があります。

 

 

保険に加入する目的を明確に決めておけば、保険商品を選択するのが容易になります。最初から、目的外のものを除外して考えることができるためです。あまり明確に定まっていない段階で、保険会社の担当者との話をすると、どうしても担当者が積極的に勧めるものを選択してしまいがちになります。保障内容が手厚いものほど、支払うべき保険料の金額も高くなるわけですから、自分にとって必要の無い保障内容は、外しておきたいと考えるのが普通です。

 

 

事前に、目的をしっかりと決めておき、必要最低限の保険を選択するように心がければ、無駄な保険料の支払いを避けることが可能になります。特に、生命保険の場合には、目的が重要です。

収入保障保険について知りたいこと

収入保障保険というのは一度に保険金が支払われるタイプではなく、保険期限内に何回かに分けて受け取るものです。
遺族の側からみえば、何千万円という金額は使いにくい点もあります。

 
また、保険金は相続対象となり相続税も掛かってきますが、500万円に法定相続人をかけた分が控除となります。
一方で収入保障型は毎月分割される仕組みから、所得税の対象となります。
ただし、こちらにも扶養控除の枠があるため、金額によっては税金が掛からないことがありますが、働きに出て収入がある場合は税金が掛かってくることがあります。

 
収入保障型の利点は公的年金と合わせて保険金の分割で生活が長期にわたり安定させることができる点です。
一括で受け取ることも可能ですが、その際は保険金が減額されて給付されるため、分割の時と比べてどのぐらい減額になるかもみておきたいポイントです。

 
また、保険会社も事務の効率性から一括での給付を勧める点もありますが、月々に分割される収入保障型の方が生計が立てやすい点があります。
加えて子どもの進学に合わせて途中でも一括での給付を選択できることがあるので、ライフスタイルに合わせて柔軟に変えることができるかも保険会社の選び方におくと良いでしょう。

逓減定期保険って何?

現在では、昔と比べて非常に多くの保険が登場しています。保険に加入しようとしている人は、どのような保険があるのかを理解しなければなりません。自分が何を保障してもらいたいのかを明確に定めて、最適な保険を見つけるように努力することが大切なのです。自分だけの判断で決めるのは困難なので、保険会社の担当者や、保険の専門家に相談することが有効です。

ひまわり

まずは、保険の種類について理解するべきです。たとえば、最近では逓減定期保険というものが話題になっています。人のライフステージというのは、常に一定というわけではなく、年々変化していくものです。ライフステージが変化すると、必要となる保障額も変わります。そこで、その時その時のライフステージに見合った保障を確保することができるタイプの逓減定期というものが人気になっているのです。借入金がある人などは、借入金の返済もありますから、逓減というのはメリットがあります。

 

通常は、期間が経過するにつれて、必要な保障額は減少していくものです。それに合わせて、死亡保険金額・高度障害保険金額も逓減するようになっています。逓減するといっても、いくつかのパターンが用意されているのが一般的です。各自のライフステージ、ライフプランに合わせて選択します。

定額型更新なし

保険には、定期保険と終身保険の二種類があります。
終身保険は、まさしく被保険者が亡くなるまでずっと補償するタイプの保険です。
定期保険は、保険期間が10年間や15年間といった定めがあり、その期間だけ補償するタイプの保険です。

アイランド05

 

保険会社にとっては、保険は補償期間が長いほど、保険金を支払うリスクが増えるため、定期保険より終身保険の方が、1年あたりの掛け金は高くなる傾向があります。
ただし、定期保険の場合、10年などの定めの期間が到来した場合、次の期間への更新が可能なものもあります。
その場合、更新時には保険料が高くなるため、トータルで考えると、終身の方が割安になる傾向があります。

 

 

一方で、終身と定期の両方の特徴を備えた保険が、定額型保険です。
これは、受取保険金額に対して払い込みの総額が決まっており、それを払い終わると、その後、保険の補償内容が一生涯続くものです。
つまり、補償は終身型で、保険料の払い込みは定期型ということになります。
払い込み終了の年齢を定めて、その間更新することなく定額の保険料を払い込みます。

 

 

払い込みが終われば補償は一生涯となるため、金額の定まった資産として、相続対策にも使うことができます。
例えば、被保険者が本人で、受取人を息子にしておけば、本人が死亡した場合には、保険金は息子に渡されることになります。

定額型更新あり

定期保険には、定額型で更新があるタイプの保険が出ていますこの保険は、保障額が1000万円、2000万円など前もって決まっており、その中から希望する保障額のものを選ぶようになっています。

アイランド04
細かい単位で設定されているものが多いので、自分が希望する保障額の保険を見つけることができるようです。

 
もし、希望の保障額がない場合は、希望の保障額の保険をプランニングしてもらうと良いでしょう。

 
また、このタイプの保険には、更新があるものがあります。
定期保険は、ある一定の期間保障を持つものです。
そのため、期間が満了すれば、保障もそこで終わりになってしまいます。
保障額が前もって決められているものの中には、期間が満了すると、更新ができるタイプのものも多くあります。
更新するときは、手続が必要になります。

 
そして、保険料もそのときの年齢での保険料に再計算されます 。
年齢が上がると保険料も上がるので、このときに大幅に保険料が上がる人もいるので注意が必要です。
また、健康状態の審査も行われるので、病気の心配がある人や、直近に入院をした人、現在通院をしている人などは継続ができない場合もあります。
このタイプの保険は、比較的安い保険料で保障を持つことができるので、ある一定期間のみ大きな保障を持ちたいという人には良い保険になるようです。

定期保険の種類

突然の病気・怪我・入院・手術というのは、誰にでも起こりうることです。規則正しい生活を心がけている人は、あまり病気にならずに済むものですが、それでも絶対に健康でいられるという保証はありません。万が一の時に備えて、何らかの医療保険に加入することは、非常に重要なことです。

アイランド03

 

医療保険には、さまざまなタイプのものがあります。保険会社も多数あり、保険商品を販売しています。勧誘を受けた時、よく考えずに加入してしまう人もいますが、保険の内容を理解せずに加入してしまうと、必要以上の保険料を支払うことになったり、適切な保障を受けられなかったり、損することが多くなります。自分が必要な保障内容をしっかりと考えなければならないのです。

 

 

医療保険では、定期保険というものが注目されています。数多くの種類があり、それぞれ保険料や保障内容が異なります。たとえば、定額型のものや、逓減定期保険、収入保障保険といったタイプのものが挙げられます。定額型の保険に加入している人が多くなってきました。定額型のものは、保険料の支払いなどの面で、安心していられるのです。保険は、一定期間ごとに更新の手続きを取ります。更新をする際は、内容の見直しを必ずするべきです。