加入目的を明確に

医療保険などの保険を選ぶ場合、最も大切になることといえば、何を保障してもらいたいのかを明確にしておくことです。保険会社の担当者から勧められるままに決めてしまうと、あまり自分にとって有利ではないものを選択してしまう可能性があります。特に、生命保険の場合は、自分が死亡した後に残された遺族の生活を保障してもらうため、という理由が大きいものですが、生命保険以外にも遺族をサポートする制度が多々あるので、十分に比較しておく必要があります。

 

 

保険に加入する目的を明確に決めておけば、保険商品を選択するのが容易になります。最初から、目的外のものを除外して考えることができるためです。あまり明確に定まっていない段階で、保険会社の担当者との話をすると、どうしても担当者が積極的に勧めるものを選択してしまいがちになります。保障内容が手厚いものほど、支払うべき保険料の金額も高くなるわけですから、自分にとって必要の無い保障内容は、外しておきたいと考えるのが普通です。

 

 

事前に、目的をしっかりと決めておき、必要最低限の保険を選択するように心がければ、無駄な保険料の支払いを避けることが可能になります。特に、生命保険の場合には、目的が重要です。

Comments are closed.