定額型更新なし

保険には、定期保険と終身保険の二種類があります。
終身保険は、まさしく被保険者が亡くなるまでずっと補償するタイプの保険です。
定期保険は、保険期間が10年間や15年間といった定めがあり、その期間だけ補償するタイプの保険です。

アイランド05

 

保険会社にとっては、保険は補償期間が長いほど、保険金を支払うリスクが増えるため、定期保険より終身保険の方が、1年あたりの掛け金は高くなる傾向があります。
ただし、定期保険の場合、10年などの定めの期間が到来した場合、次の期間への更新が可能なものもあります。
その場合、更新時には保険料が高くなるため、トータルで考えると、終身の方が割安になる傾向があります。

 

 

一方で、終身と定期の両方の特徴を備えた保険が、定額型保険です。
これは、受取保険金額に対して払い込みの総額が決まっており、それを払い終わると、その後、保険の補償内容が一生涯続くものです。
つまり、補償は終身型で、保険料の払い込みは定期型ということになります。
払い込み終了の年齢を定めて、その間更新することなく定額の保険料を払い込みます。

 

 

払い込みが終われば補償は一生涯となるため、金額の定まった資産として、相続対策にも使うことができます。
例えば、被保険者が本人で、受取人を息子にしておけば、本人が死亡した場合には、保険金は息子に渡されることになります。

Comments are closed.