死亡保険の豆知識

死亡保険とは、万が一の時に残された家族を経済的負担から助けることが役割の保険です。

 

掛け捨て型の定期保険と積み立て型の終身保険の2つのタイプがありますが、定期保険の方が保障期間が一定に定められた掛け捨てのため割安な保険料で大きな保障をつけることができます。

 

そのため、若い人が低い設定金額から加入できるので高い保険料を払わなくても大きな保障を得ることができます。

 

ですが満期の更新時には、その時の年齢で再計算された保険料になるので更新する度徐々に保険料が高くなっていくことが多いようです。

 

その保険料は、保険金の設定金額によって大きく変わってきます。 保険金を多く設定すると保険料も高くなるので、家計の負担になってしまいます。

 

保険金は残された家族が生活するのに必要な金額を考えて設定するようにしましょう。

 

また保険の内容を変更する時期としては、結婚や出産で責任が重くなる時や 住宅ローンを組んだり・子供が成長した時・子供が独立した時などがあり、その区切りで切り替えを考えてみると良いでしょう。

 

保険選びで大切なことは、沢山の保険や高額な保険に入っている事ではなく、「必要な保障分だけ」というのが基本なので迷った時はどれくらいの保険金が必要か?に戻って、自分に適した商品に加入しましょう。

Comments are closed.