短所について

定期保険は、貯蓄性の高い保険でありながら、所得税の控除対象にもなり得る点が大きな長所となっています。

 

また、銀行の定期預金よりも利率が高いことも多く、現在のような低金利の時代には特に加入を検討している人は少なくありません。

 

一方で、長期的な貯蓄になる上、ほとんどの商品において、途中解約をすると元本割れしてしまうという短所がありますので、将来的に必要になるかもしれないお金を使うことはできず、あくまで余裕資金で運用する必要があります。

 

また、この保険は期間満了までの年数が比較的長めに設定されており、一年や二年で満了になるものではありません。

 

そのため、仮にインフレなどで貨幣価値に変化があった場合には、満期になって保険金を全額受け取ってもあまりメリットがないという可能性もあります。

 

また、銀行の預金保証とは違い、万が一加入している保険会社が倒産などした場合には、そこまでの掛け金を全額回収できない可能性もあります。

 

このように、メリットもデメリットもある商品ですので、これから貯蓄性の高い保険に加入する予定の人は、将来起こりうるトラブルや景気の情勢なども考慮して、自分が加入できる範囲で利用するようにしましょう。

Comments are closed.